無料ブログはココログ

« 人の非合理的な行動の行方 | トップページ | 鏡に何が映っていますか? »

2010年3月21日 (日)

やる気の出る脳

ダラダラとテレビを見る、ネットで仕事とは関連のないサイトばかり見るといった行為は、思考系の脳にとってまるで変化のない状態です。


「こんなに変化がないな ら出番はない。休んじゃおう」となってしまうのだそうです。

しかし、ダラダラをやめない限りやる気は出ないといわれても、やる気が出なければダラダラをやめることはできないし・・・



そういうときは、少しずつ脳のスイッチをオンにしていけばいいそうです。

テレビを見ることがやめられなくなってしまったなら、まず目線をテレビから外し て、違う景色をしばらく見ます。


それだけでも脳にとっては変化しますよ。


さらにキッチンに行ってお茶を入れ、手と足を動かすようにするなど、少しずつ大きな変 化に脳を対応させていくのです。


そのころには思考系が優位になり『テレビを消そう』という理性が働いて、実際にテレビを消せるはずです。


運動系を働かすことで思考系が活発になるのは、脳の構造によるもの。手足や口などを動かす運動系の機能は脳の中でも表面中央部に分布していて、その部分を活性化すると、脳全体の血流を良くしてくれるといいます。


意識的に手足を動かしてやることで、やる気を司る大脳も活発になります。

ネットワークビジネスで本気で成功したいなら
私が在住のMLM
ネットワークビジネスにも共通する努力の成果
ネットワークビジネスでの被害
ネットワークビジネスのダイレクトレスポンスマーケティング

« 人の非合理的な行動の行方 | トップページ | 鏡に何が映っていますか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342130/33863137

この記事へのトラックバック一覧です: やる気の出る脳:

« 人の非合理的な行動の行方 | トップページ | 鏡に何が映っていますか? »